『おやすみたまご』を使ってみたら寝すぎて困った話〜レビュー/口コミ〜


こんにちは。
最近親バカっぷりが浸透してきて嬉しいかぎりです。
(かわいい写真が少しだけ多くなることをご了承ください。)

赤ちゃんがよく寝るというクッション、『おやすみたまご

想像以上の効果でびっくり!これホントおすすめ!

遡ること数日前、新生児(生後20日ごろ)の背中スイッチってやつの存在を痛感してました。

ミルクをあげてやっとこさ寝かしつけたと思って、ベビーベッドの布団に移動させると、、、

どうも寝心地が悪いようで、すぐ起きて泣き出しちゃう。

せっかく寝たと思ったのに、またイチから寝かしつけ。

授乳クッションの上で抱っこしたままだと、寝てくれるんですけどね。

抱っこしたまま座って寝ちゃうこともしょっちゅう。
(赤ちゃんの顔見てるとなぜか眠くなってくる)

とかやってると、あれ、もう授乳の時間!?

授乳は3時間おきだからといって、3時間寝れるわけじゃないのね。

変な格好で寝ちゃうから、腰も首も痛くなってくるし。
夫婦揃って完全に睡眠不足。

意識も朦朧としてくるし、精神的にもキツイ…

育児ノイローゼになる人の気持ちも分かるような気がします。

 

このままじゃイカン!と思って、前から気になってた『おやすみたまご』をポチっ!

なんでも背骨を自然なCカーブに保ってくれるので、
赤ちゃんが安心して眠れるんだそう。

評判がいいってのは妻から聞いて知っていて、
口コミやレビューを見ても高評価なんですけど、
なんせクッションにしては結構いいお値段。

ここが最安でしたが、それでもこんな感じ。

Cカーブ授乳ベッド おやすみたまご
価格:11664円
Amazon.co.jp

でも、そんなこと言ってる余裕もなくなってたので、
藁にもすがる思いで注文してみました。
(ダメならメルカリとかで売っちゃおうと思って)

翌日、商品が届いたので、早速使ってみることに。

まずは、おやすみたまごに寝かせたまま、ミルク。

まあミルク中は何やってても大人しいのよね。

授乳後は吐き戻しやすいので、しばらく抱っこ。
してるうちに寝たので、おやすみたまごに寝かせてみます。

おやすみたまごは縦置き、横置きどちらでも使えるんですが、
授乳後なので、角度が付けやすい縦置きに。

カバーに替えがないし、汚しちゃうかもしれないので、
ガーゼタオルを敷いてから寝かしてみました。

あれ?寝てる!

起きない!

これはホントにいいかも。

しかも、寝たままクッションごと移動しても起きない!

ソファや床にもそのまま置けるので、寝ているのを見守りながら、
(夫婦揃って!)ご飯を食べることも出来ました。

久しぶりにゆったり過ごせた時間でした。

そして、その日の夜。

22時に寝かせて、いつものように仮眠のつもりで寝ていたら、
泣いて起きたのがなんと4時!

6時間もぶっ続けで寝ていてビックリ!
いくらなんでも寝過ぎでしょ。

慌ててミルクをあげて、次からは目覚ましをかけて寝ることにしました。

それから一週間ほど使ってみた感想。

しっかりと寝かしつけてから、おやすみたまごに移動すれば、
しばらくぐっすりと眠ってくれています。
(もちろんお腹が空いてたり他の理由がある時は泣きますが)

置いた瞬間にヒヤッと冷たいと目を覚ましてしまうようなので、
ガーゼタオルをお包みのようにして寝かしつけてから、
そのまま置くようにするといいみたいです。

相変わらず大変な日々は続いてますが、だいぶ負担が軽減されているように感じています。

なかなか寝てくれない、寝てもすぐ起きちゃうって子にはオススメ!

ただし、寝過ぎに注意!(笑)

コメントを残す